blog

木造住宅で屋上緑化ができる!?雨漏りの心配はない!?保証はあるの!?

2014/12/21

 

12月21日 日曜日 晴れ

2014年も、あと10日です!やり残しは無いですか!?十分やりきってますか!?って自問自答・・・

出てくる答えは、まだまだ燃焼してないのが現状。来年に向けてとか言うのが嫌なんで、今年は今年でやりきって来年を迎えないと!って。

こんなこというてるからあかんねんやろうね。まあええか!って気持ちも大事かもね。

 

はい、今日は屋上緑化について

まずは、屋上緑化ってこんなですよ!っていう画像を見てください♪

OLYMPUS DIGITAL CAMERA 屋上緑化 (1) 屋上緑化 (2) 屋上緑化 (3)

イメージできました!?

では、屋上緑化の効果は、建物の屋根や屋上に使用されている素材などは、夏の暑さで表面温度が高温になるだけでなく、階下まで熱が広がってしまいます。屋上緑化では、緑地部分が表面温度の上昇を防ぎ、植栽基盤や、ウッドデッキなどを含む舗装材が断熱効果を生むため、階下が涼しくなります。また冬の寒さに対しては、断熱効果で室内の暖かさを保ってくれます。

また、プライベート空間として利用するのはどうでしょう!?子供がのびのびと走ります。目の届く安全な場所で、自由に遊びを探します。常に子供の気配を感じながら、安心して家事が出来ます。家族と一緒に過ごす時間と、そこから生まれる親子の絆。ゆっくり、やったり、のんびりと、家族の時間を屋上で楽しめると思います。

屋上ルーフにする構造と言えば、鉄骨造、鉄筋コンクリート造が主流となってくるのですが、木造でも可能なんですよ!

木造やったら雨漏れが心配・・・??

木造住宅でも安心の防水性能

建物の屋根や屋上に使用されている木造住宅における「屋上緑化」とは、夢の存在。本当にできるのだろうかと防水層や荷重を心配されるでしょう。その夢を実現したのが、金属防水工法のスカイプロムナード。スカイプロムナードは木造住宅の防水工法として昭和51年に創業以来、30万棟以上の屋根を雨漏りの心配から守ってきました。不燃性・地震や台風などからの耐久性に優れ、万が一のときも10年間の防水保証があるので安心です。

エースカンパニーでは、現在建物のバルコニー防水は、スカイプロムナードを採用しております。また今後の展開として、安心して暮らせて、楽しく過ごせる空間造りを考えて屋上緑化を取り入れていくところで御座います。

2015年に開始する、新しい分譲地のBuild+グラッィエシリーズでは屋上緑化を採用しようと検討しておりますので、お楽しみ下さい。

 

エースカンパニーは、お陰さまで20周年♪

logo

 

 

 

 

お問い合わせ