blog

建築基準施行令 第4節の2 補強コンクリートブロック造

2017/8/10

皆さん

おはようございます☀

今日は、建築基準施行令の補強コンクリートブロック造を記載してみました。

ご一読下さいm(__)m

 

 

建築基準施行令 第4節の2 補強コンクリートブロック造

 

(適用の範囲)

第62条の2 この節の規定は、補強コンクリートブロック造の建築物又は補強コンクリートブロック造と鉄筋コンクリート造その他の構造とを併用する建築物の補強コンクリートブロック造の構造部分に適用する。

2 高さが4m以下で、かつ、延べ面積が20㎡以内の建築物については、この節の規定中第62条の6及び第62条の7の規定に限り適用する。

 

(耐力壁)

第62条の4 各階の補強コンクリートブロック造の耐力壁の中心線により囲まれた部分の水平投影面積は、60㎡以下としなけらばならない。

2 各階の張り間方向及びけた行方向に配置する補強コンクリートブロック造の耐力壁の長さのそれぞれの方向についての合計は、その階の床面積1㎡につき15cm以上としなければならない。

3 補強コンクリートブロック造の耐力壁の厚さは、15cm以上で、かつ、その耐力壁に作用するこれと直角な方向の水平力に対する構造耐力上主要な支点間の水平距離の1/50以上としなければならない。

4 補強コンクリートブロック造の耐力壁は、その端部及び隅角部に径12㎜以上の鉄筋を縦に配置するほか、径9㎜以上の鉄筋を縦横に80cm以内の間隔で配置したものとしなければならない。

5 補強コンクリートブロック造の耐力壁は、前項の規定による縦筋の末端をかぎ状に折り曲げてその縦筋の径の40倍以上基礎又は基礎ばり及び臥梁又は屋根版に定着する等の方法により、これらと互いにその存在応力を伝えることができる構造としなければならない。

6 第4項の規定による横筋は、次の各号に定めるところによらなければならない。

 末端は、かぎ状に折り曲げること。ただし、補強コンクリートブロック造の耐力壁の端部以外の部分における異形鉄筋の末端にあつては、この限りではない。

 継手の重ね長さは、溶接する場合を除き、径の25倍以上とすること。

 補強コンクリートブロック造の耐力壁の端部が他の耐力壁又は構造耐力上主要な部分である柱に接着する場合には、横筋の末端をこれらに定着するものとし、これらの鉄筋に溶接する場合を除き、定着される部分の長さを径の25倍以上とすること。

 

(臥梁)

第62条の5 補強コンクリートブロック造の耐力壁には、その階の壁頂に鉄筋コンクリート造の臥梁を設けなければならない。ただし、階数が1の建築物で、その壁頂に鉄筋コンクリート造の屋根版が接着する場合においては、この限りではない。

2 臥梁の有効幅は、20cm以上で、かつ、耐力壁の水平力に対する支点間の距離の1/20以上としなければならない。

 

(目地及び空洞部)

第62条の6 コンクリートブロックは、その目地塗面の全部にモルタルが行きわたるように組積し、鉄筋を入れた空洞部及び縦目地に接する空洞部は、モルタル又はコンクリートで埋めなければならない。

2 補強コンクリートブロック造の耐力壁、門又はへいの縦筋は、コンクリートブロックの空洞部内で継いではならない。ただし、溶接接合その他これと同等以上の強度を有する接合方法による場合においては、この限りではない。

 

(帳壁)

第62条の7 補強コンクリートブロック造の腸壁は、鉄筋で、木造及び組積造(補強コンクリートブロック造を除く。)以外の構造耐力上主要な部分に緊結しなければならない。

 

(塀)

第62条の8 補強コンクリートブロック造の塀は、次の各号に定めるところによらなければならない。ただし、国土交通大臣が定める基準に従った構造計算によつて構造耐力上安全であることが確かめられた場合においては、この限りではない。

 高さは、2.2m以下とすること。

 壁の厚さは、15cm(2m以下の塀にあつては、10cm)以上とすること。

 壁頂及び基礎には横に、壁の端部及び隅角部には縦に、それぞれ径9㎜以上の鉄筋を配置すること。

 壁内には、径9㎜以上の鉄筋を縦横に80cm以下の間隔で配置すること。

 長さ3.4m以下ごとに、径9㎜以上の鉄筋を配置した控壁で基礎の部分において壁面から高さ1/5以上突出したものを設けること。

 第三号及び第四号の規定により配置する鉄筋の末端は、かぎ状に折り曲げて、鉄筋にあつては壁頂及び基礎の横筋に、横筋にあつてはこれらの縦筋に、それぞれかぎ掛けして定着すること。ただし、縦筋をその径の40倍以上の基礎に定着させる場合にあつては、縦筋の末端は、基礎の横筋にかぎ掛けしないことができる。

 基礎の丈は、35cm以上とし、根入れ深さは30cm以上とすること。

 

 

●平野区流町4丁目A号地新築一戸建て(未建築)

 

平野区流町4丁目A号地パース平野区流町4丁目A号地様邸新築工事

今なら!外装材、内装材、設備機器等選べます♪

販売提携会社:エースカンパニー不動産株式会社(06-6760-0344)

 

 

●平野区流町4丁目B号地新築一戸建て(建築中)

 

平野区流町4丁目B号地パース平野区流町4丁目B号地平面図

 

●現場進行状況●

透湿防水シートまで完了しました!!

IMG_7916IMG_7915

9月竣工予定

販売提携会社:エースカンパニー不動産株式会社(06-6760-0344)

※透湿防水シート:水は通さないが、湿気(水蒸気)通す性質をもつシート。主に木造建築物の外壁の屋外側に用いられる。

 

 

●生野区巽西2丁目A号地新築一戸建て(未建築)

 

生野区巽西2丁目A号地外観パース生野区巽西2丁目A号地様邸新築工事

 

●現場進行状況●

確認済証が交付されました♪

IMG_7918

2017年8月17日(木)着工決定!!

販売提携会社:エースカンパニー不動産株式会社(06-6760-0344)

※建築確認申請:建築基準法第6条、第6条の2、第6条の3に基づく申請行為。建築主は申請書より建築確認を受けて、確認済証の交付を受けなければ建築することができない。

 

 

●大阪狭山市西山台2丁目売土地(建築条件無)

 

IMG_3554

ハウスメーカーさんやお知り合いの工務店さんで建築可能な売土地です♪

販売提携会社:エースカンパニー不動産株式会社(06-6760-0344)

 

 

■平野区瓜破6丁目中古テラスハウス(収益物件)

 

IMG_484780965_1_500_1000_1

オーナーチェンジ物件 表面利回り10.68%!!

販売提携会社:エースカンパニー不動産株式会社(06-6760-0344)

 

 

●ローレルスクエア和泉中央A棟(区分所有分譲マンション)

 

0001IMG_6174

リノベーション物件の販売開始です♪

販売提携会社:エースカンパニー不動産株式会社(06-6760-0344)

販売提携会社:住友不動産株式会社 和泉中央営業センター(0120-006-351)

リフォーム内覧会の定期開催は終了しました■

予約受付のみとなりますので、平日や日曜ご希望の方はご連絡お願い致しますm(__)m

06-6760-0344 又は 0120-70-3227

相談無料♪ 見積無料♪ プランニング無料♪

 

お問い合わせ