blog

大阪市東淀川区のマンションをリフォームする!(エバーグリーン淀川Vr)

2015/10/26

 10月26日 月曜日 仏滅 晴れ

皆さま、こんにちは!

今日のブログは、下積み5年、個人商店経営3年、法人経営19年の合計27年間建築関係に携わる、私、三好がリフォームについてお話します。

リフォームというのは、思い切りが大事で、リフォーム後の人生が変わるといって過言でないくらい大切なことだと思います。

こんなお客様の声がありました。

「思い切って間取変更をしてキッチンをアイランドキッチンにしたら、今までキッチンの前に立った事のない主人が料理をしてくれた」って、声です。このお客様は、リフォームの打ち合わせの際、全て打ち合わせは奥さんでした。ご主人さんは、全くリフォームに興味なしどころかリフォーム反対で一言もお話出来ずでした。ですが、いざリフォームが終わると、よほど嬉しかったのか喋る喋る(笑)。今なんて、私の顔を見るなり真っ先に「みよっさーーーん!!」って声掛けてくれます。

リフォームって大事です・・・

 

 

リフォームする

 

リフォームする理由はいろいろです。

キッチンなどの設備機器が故障したり、お子さんが独立してお部屋が余ったりしたり、本当に色々です。

でも、思ったようにリフォームできなかったって話もよく聞きます。

では、なぜ思ったように出来なかったのか考えてみましょう!!

・担当者との意思疎通が上手くいかなかった。

・お願いしても「できない」と言われた。

・予算オーバーしたので諦めた。

などなど

これってどうなんですかね・・・

私が見積にお伺いしてよく聞くのは、業者から「できない」と言われたって言葉です。

 

RCまたはSRCのマンションに出来ないことはない!!

 

リフォーム、特にRC(鉄筋コンクリート)又はSRC(鉄骨鉄筋コンクリート)のマンションで出来ないことなんてほとんど無いですから、「できない」っていう理由が私には不明なんです。もちろん、躯体やスラブのコンクリートの部分を撤去しろとかは当然無理ですけど。

・キッチンも配置変更できる。

・お風呂も大きくできる。

・間取りも変更できる。

現地を見なければ分からないのが

・追い炊きにしたい。

・バリアフリーにしたい。

・IHにしたい。⇒ (管理組合に確認必要)

などなどです。

でも、だいたいどうにかなるもんですし、もし仮に出来なかったとしても、それに近づける案は絶対ある訳ですから、お客様が納得されて喜んでもらえるようでないとリフォームした意味も無くなりますよね・・・

 

 

では、弊社の実例を見て頂きましょう(^^♪

 

■玄関 

暗かったので                   石調のタイルを張ってみました(廊下も)(^_^)v

工事前(エバーグリーン淀川4号館1階) (1) ⇒ 工事後(エバーグリーン淀川4号館1階) (2)

 

■浴室

1216(0.75坪)サイズのユニットバスを       1616(1坪)サイズに大きくしました(^_^)v

工事前(エバーグリーン淀川4号館1階) (2) ⇒ 工事後(エバーグリーン淀川4号館1階) (1)

 

■LDK

使いにくかったキッチンを             配置変更してお洒落にしました(^_^)v

工事前(エバーグリーン淀川4号館1階) (3) ⇒ 工事後(エバーグリーン淀川4号館1階) (3)

 

これが実例ですが、如何でしょうか!?

え!?まだよく分からない!?

 

そんなお客様の為に YouTube動画 を用意しておりますので、ゆっくりとご覧下さい(^^♪

 

 

不動産用語 【まめ知識】

 

重量鉄骨とは・・・

重量鉄骨とは、暑さが6㎜を超える鋼材のこと。反対に6㎜以下の鋼材は「軽量鉄骨」という。

重量鉄骨は、重量鉄骨構造の建物において柱・梁として使用される。

 

 

ありがとうから始まるエースカンパニーグループからのお知らせ

 

平野区のお勧めリフォーム済中古マンション

何故ならリフォームした会社がエースカンパニーだから安心ですよね^_^;

LDK(ドムール平野3階) (15) ⇐ 画像をポチっとしてね♪

 

 

 

ありがとうから始まるエースカンパニー

Ace Group

 

お問い合わせ