blog

パッシブファースト 「断熱の必要性ってどのくらい知ってますか!?」

2017/9/30

皆さん

おはようございます☀

9月も今日で終わりですね!早いですね!

今年もあと3ヵ月、来年に向けての仕事も視野に入れつつって感じですが、

明日の10月1日(日)は、自社物件売却の売買契約予定です(^_^)v

物件は、大阪狭山市西山台2丁目分譲地のA号地売土地(建築条件無)でございます。

建築条件が付いていないこともあり、買主様こだわりの注文住宅での建築となります。

注文住宅というと、お洒落なデザイン性のある家を想像できますが、見えない部分、いわば体感する部分が重要となるんです。

さてさて、今日は、こんなお勉強をしましょう!!

 

 

パッシブファースト(断熱編)

 

断熱の必要性ってどのくらい知ってますか!?

なぜ、住宅には断熱性能が求められるのでしょうか。それは、断熱性能を高めることで、省エネルギー性能を高めるだけでなくより快適な温熱環境も実現できるからなのです。

 

1. 体感温度の向上

人間が感じる体感温度は、室温と壁や床、天井、開口部などの表面温度の平均となります。すなわち、室温と表面温度の差が大きいと、冬季は体感温度が低くなり、逆に夏季は体感温度が高くなります。そのため、壁や床、天井、開口部の断熱性能を高めることで、表面温度を高められ体感温度を改善することができるのです。

2. ヒートショックの低減

冬季に暖房された温かい部屋から、暖房されていない寒い部屋へ移動すると、血流が急に収縮し、血圧の上昇を招くことがあります。これをヒートショックといい、心筋梗塞や脳卒中の原因と指摘されています。住宅の断熱性能を高めることで、部屋間の温度差を小さくすることだでき、ヒートショックによる健康リスクを軽減することが可能なのです。

 

 

断熱材や開口部の性能を知る

1. 断熱材

壁や天井、床などは断熱材を利用して断熱を行います。さまざまな素材や性能の断熱材がありますが、住宅の仕様や目指す断熱性能のレベルなどに応じて選択するようにしましょう。一般的に断熱材の断熱性能は熱抵抗値(R値)で表します。この値が大きいほど断熱性能が高くなります。

2. 開口部

開口部の断熱化も大切です。躯体よりも開口部の面積は小さいですが冷暖房時に室内外で熱が移動する割合を見ると、圧倒的に開口部から熱が移動します。そのため開口部の断熱化が重要になるのです。なお、開口部の断熱性能は熱貫流率(U値)で表します。この値が小さいほど断熱性能が高くなります。

 

 

断熱材や開口部以外で注意する点

1. 気密性能の確保

壁や床、天井をしっかり断熱しても、隙間がたくさんあると、外の冷たい空気が「すきま風」となって室内に入り込み、快適性を損ねてしまいます。この隙間の量を表す数値として「気密性能」があり、隙間が多いと機密性能が低くなります。室内を快適にするためには断熱だけでなく気密性能を高めることにも配慮する必要があります。そのため、施工精度を高めたり、コンセントやダクトまわりの気密性を確保することが重要です。

2. 気流止めの設置

床に根太を用い、かつ根太間に断熱を施した在来木造住宅の場合、外壁や間仕切壁内部の空間が床下空間とつながっている部分ができることがあります。この部分で気流止めがされていないと、床下の冷たい空気が外壁や間仕切壁に流れ込み壁が冷やされ、室温の熱がより多く奪われてしまいます。そのため、外壁や間仕切壁と床下・小屋裏がつながっている部分には必ず気流止めを施工しましょう。

 

 

●平野区流町4丁目A号地新築一戸建て(未建築)

 

■現在、建築準備中★ 11月着工!?

平野区流町4丁目A号地パース平野区流町4丁目A号地様邸新築工事

■今なら!外装材、内装材、設備機器等選べます♪

販売提携会社:エースカンパニー不動産株式会社(06-6760-0344)

 

 

●平野区流町4丁目B号地新築一戸建て(2017年9月竣工しました!!)

 

■竣工■

平野区流町4丁目B号地パース平野区流町4丁目B号地平面図

 

●現場進行状況●

完成です♪

IMG_8306IMG_8301

■2017年9月竣工

販売提携会社:エースカンパニー不動産株式会社(06-6760-0344)

※平野区流町4丁目分譲地B号地新築工事が竣工しました。是非、ご内覧ください。

 

 

●生野区巽西2丁目A号地新築一戸建て(建築中)(2017年11月竣工予定)

 

■現在、建築中★

生野区巽西2丁目A号地外観パース生野区巽西2丁目A号地様邸新築工事

 

●現場進行状況●

木造在来軸組構造(2階建て)

IMG_8296IMG_8298

■2017年11月竣工予定!!

販売提携会社:エースカンパニー不動産株式会社(06-6760-0344)

※木造在来軸組工法:日本の昔ながらの建築工法で、柱や梁で建物を支える構造です。コンクリート基礎に土台を据え付けて柱や梁で骨組を造ります。そこに耐力壁と呼ばれる壁をバランスよく配置することで耐震性を確保します。

 

 

●大阪狭山市西山台2丁目売土地(2区画)(建築条件無)

 

■A号地:159.83㎡(約48.34坪) ⇒商談中

■B号地:156.11㎡(約47.22坪)

IMG_3554

■ハウスメーカーさんやお知り合いの工務店さんで建築可能な売土地です♪

販売提携会社:エースカンパニー不動産株式会社(06-6760-0344)

 

 

■平野区瓜破6丁目中古テラスハウス(収益物件) 表面利回り10.68%!!

 

IMG_484780965_1_500_1000_1

■オーナーチェンジ物件 表面利回り10.68%!!

販売提携会社:エースカンパニー不動産株式会社(06-6760-0344)

 

 

●ローレルスクエア和泉中央A棟(区分所有分譲マンション) すまい給付金対象物件

 

■2017(H29)年9月28日価格変更■ 要チェック

0001IMG_6174

■リノベーション物件の販売開始です♪

販売提携会社:エースカンパニー不動産株式会社(06-6760-0344)

販売提携会社:住友不動産株式会社 和泉中央営業センター(0120-006-351)

リフォーム内覧会の定期開催は終了しました■

予約受付のみとなりますので、平日や日曜ご希望の方はご連絡お願い致しますm(__)m

06-6760-0344 又は 0120-70-3227

相談無料♪ 見積無料♪ プランニング無料♪

お問い合わせ