blog

ん~~飛鳥時代・・・

2016/6/21

 

6月22日 火曜日 先負

皆さん、おはようございます。

今日も!少しお勉強をしましょう~~

飛鳥時代といえば、法隆寺西院があり、金堂は、重層の入母屋造りの屋根を持つ堂であり、飛鳥様式で建てられた建築物である。

奈良時代といえば、薬師寺東寺があり、三重の塔であるが裳階がつているので六重に見える。法隆寺より一歩進んだ三手先組物が使われている。

東招提寺金堂は、軒支輪があらわれ、斗の位置が整い、鬼斗が使用され三手先が完成する。

東大寺は、主要な建物のうち金堂(大仏殿)は2度再建され、現在のものは、江戸時代のものである。南大門は天竺様(大仏様)による鎌倉時代の再建であり、高さ100m弱と伝えられる七重の塔は焼失したままで、現在遺構としては正倉院(校倉造り)、東大寺三月堂(法華堂)がある。

 

ん~~

 

 

建築用語(まめ知識)

 

建築基準法

建築基準施行令

(臥梁)

第62条の5 補強コンクリートブロック造の耐力壁には、その階の壁頂に鉄筋コンクリート造の臥梁を設けなければならない。ただし、階数が1の建築物で、その壁頂に鉄筋コンクリート造の屋根版が接着する場合においては、この限りではない。

2 臥梁の有効幅は、20cm以上で、かつ、耐力壁の水平力に対する支点間の距離の1/20以上としなければならない。

 

 

 

物件情報(^^♪

 

岸和田市別所町の建築条件無し売土地が値下げ??

詳細は画像をクリックしてね(^_^)v

 

岸和田市別所町2丁目(更地写真) (2)

お問い合わせ